マフラーしまい髪見放題プラン

あー寒い。ほんと寒い。毎日寒いですね。日本全国のあちこちで大雪が何回も降っちゃったりで冬はまだまだ余力を残してるって感じですね。北海道もこのところ真冬日が続いています。真冬日ってわかりますか。考え方的には真夏日と同じです。最高気温が氷点下の日です。氷を外に出しっ放しにしても一日中とけることがないってことです。

北海道で生まれ育ったから寒さに強いのかといったら決してそんなことはないと私は思います。北海道民は冬に家の中で半袖になりアイスを食う。暖房も強いし、住宅の気密性も高い。東京の冬のほうがよっぽど寒い。私が人生で最も寒さに凍えたのは忘れもしない2月の東京の深夜屋外ロケでした。帰りのタクシーに乗っても体の震えが全く止まらずに朝の風呂場で浴槽に湯をため身を沈めて、しばらく動けなかったのをおぼえています。

あー寒い。マジ寒い。クソ寒い。アホ寒い。エロ寒い。エロ寒い?そうです、マフラーしまい髪の話です。

毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年申し上げているように、私は女性の髪がマフラーの中にたくしこまれている状態を愛しております。だからこそこのエロ寒い季節を尊ぶことができている。それしかない。

北海道民は必ずしも寒さに強いわけではない、というのは先ほど述べたとおりです。かといって北海道では誰もが眉間に皺を寄せて長い冬を越しているのかといえば、そんなこともない。つまり北海道には寒さ対策が豊富に存在しており、北海道民はそれらを知り尽くし、自然となんなら無意識のうちに活用しているだけなのです。そこんとこが東京とは違うのです。昔のアニメみたいに冬なのに短パンみたいな小学生は北海道にはひとりもいません。命にかかわる。

マフラーしまい髪もまた、そのような防寒対策のひとつであるといえましょう。それがお洒落なのかお洒落じゃないのか、意図的なのかうっかりなのか、そんなことはまったくどちらでも構わない、どちらでもいい、どちらも最高にいい、という議論は昨年までに終えていますので割愛。マフラーしまい髪は暖かい。それは紛れもない事実です。

何が言いたいかというと、北海道の女性はすぐに髪をマフラーにしまうってことです。私も東京など北海道以外の地域と比較調査をしたことがあるわけではありません。WEB ACROSSの定点観測も「マフラーしまい髪」をカウントしたことはなかったように思います。よってあくまで私の主観、感覚的なものでしかないのですが、特に近頃なんかむしろ、マフラーしまい髪じゃない女性を見つけることのほうが難しいぐらいの状況です。北海道の女性、髪をマフラーにしまいがち。

北海道で暮らしているということは、マフラーしまい髪見放題プランに加入しているのと同じことです。これが、よくわからないうちに勝手に加入させられていた携帯電話の料金プランだったら即解約というところですが、そんなにいいことあるんだったら、まあいっか、むしろありがとう、ありがとう複雑な料金プランという気持ちです。私はこれからも北海道に住み続けたい。

だから私は申し上げたいのです。雪が目的でなくともよい。ウィンタースポーツを楽しまなくともよい。雪まつりも終わったけど、それでもいい。冬こそ北海道にいらっしゃい。だってそこにはマフラーしまい髪があるじゃない。そこにはとびきり暖かくて、美しい冬が待っているじゃない。

オリンピックの観客席にマフラーしまい髪はいるのでしょうか。たぶんいると思うんだよなあ。

2018年を振り返る_01

年初の抱負を月次ふりかえる自分メモ。

2008/2009/2010/2011/2012/2013/2014/2015/2016/2017
2018年初の抱負

○出力を続ける

(広告/文芸)

広告は忙しくさせていただいた。文芸もなんとかこんとか。

○入力を続ける

(読書/舞台鑑賞/映画鑑賞/英語学習/人と話す/ブログ・SNS

仕事帰りの読書+英語ポッドキャストを続けている。SNSの使い方、もうすこし考え直したいなと思っている。

○健康を維持する

(体重記録/食事記録/ストレッチ/ジョギング/腰痛予防/睡眠) 1月頭75.4kg→1月末74.8kg。というか、毎日の体重記録ができない日が多い。見直したい。忙しいなかでもストレッチの優先順位を上げたら腰痛が改善してきた。続ける。

○時間の使い方を見直す

(行動の記録とふりかえり/ツールの最適化)

日々のToDoについてデジタル併用をお試し中。わるくない感じ。

以上の項目を、四半期ごとに見直す

今月は非該当。パス。

○以上の項目に関して、月次ふりかえりを行う

以上。

2018抱負メモ:大きな川のように書いたり考えたり

年初の抱負、昨年で10回の節目だったけど、11回目もやっちゃう。

2008/2009/2010/2011/2012/2013/2014/2015/2016/2017 f:id:suzukishika:20180107125928j:plain

出力を続ける

(広告/文芸)

毎日やる。毎日1枚、1行、1文字でも書くと、結果的に続きやすくなる。仕事と私事どちらも。

入力を続ける

(読書/舞台鑑賞/映画鑑賞/英語学習/人と話す/ブログ・SNS

毎日やる。読書メモもその都度つける。「質問する」と「こまめに書き留める」で血肉化を促す。

健康を維持する

(体重記録/食事記録/ストレッチ/ジョギング/腰痛予防/睡眠)

のんびり走る生活をめざしながら、丹田意識マンとして1年過ごす。

時間の使い方を見直す

(行動の記録とふりかえり/ツールの最適化)

無理なく、悔いなく、有限の時間を使えるように。無為の時間も含めて。

以上の項目を、四半期ごとに見直す

具体的な行動を起動しやすくするためのトライアルとして。

以上の項目に関して、月次ふりかえりを行う

以上。


昨年まで続けたシンプルなリストに、それらをマネジメントするようなメタ的な項目を2つ追加した。このリストをつくっていることそれ自体が既にマネジメントではあるのだけれど、その実行には改善の余地があるように感じている(そして、そのことがストレスにもなっている)ので。

たいせつなものにフォーカスするための体制を獲得、維持するために、思考の総量を増やしたい。大きな川のように考え続けたい。豊かな流量、流れ込んでくる多くの支流、曲がりくねりながら緩急をもちながら、時にはよどむことがあったとしても、決してとどまることはないようなイメージ。

そして、書くことと考えることは、特に私の場合は不可分である。発表と記名の有無を問わずに書きまくる。筆圧弱めで無理なく書きまくる。書くことで状況を変えていく。ぜったいにいい年になる。36歳になった。

2017年を振り返る_まとめ

年初の抱負を月次ふりかえる自分メモのまとめ。

2008/2009/2010/2011/2012/2013/2014/2015/2016
2017年初の抱負/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11/12

○出力を続ける

(仕事/突き抜け派/書き出し小説/文芸ヌー/公募/その他の思考)

春と秋の「突き抜け」に参加。ほか小説を少々。「書き出し小説」参加。文芸ヌーは休止中だけど再開のきざし。広告系の公募は原則やめた(ほかとの時間配分的な意味で)。で、自分としては2017年は仕事をたくさんしたなあ、という印象。仕事の量という意味では、育児で忙しくなったぶんそう感じているだけという可能性もあるかもしれないけど、今までにない仕事の広がりがすこし見えてきた年ではあった。もっと広げていきたいし、もっと自分の原稿もたくさん書きたい。このブログとか、放置気味のnoteとかも活用できるのかも。suzukitext.comも。

○入力を続ける

(読書/舞台鑑賞/映画鑑賞/英語学習/人と会う/その他の情報収集)

読み終えた本は1年間で15冊。冊数は少ないなりに、自分の興味関心のおもむくままに、いい読書ができたのではないかと思う。読書メモをつけたいと思いながらもつけずにきてしまったので、そこは工夫・改善して、読書の血肉度を上げたいところ。また、iPhoneの新調に伴い、英語の簡単なPodcast(culips)を聴き始めた。久しぶりに、英語の勉強楽しいなーという気分を味わっている。子供が生まれて初めて舞台を1本観に行けたのは、とてもよかった。以前のように自由にたくさんというわけにはいかないけれど、やっぱたまには生の舞台がいい。自宅での映像鑑賞時間をもうすこし捻出できればいいんだけどなー。あと、人ともそんなに会えないので、そのぶんインターネットを頑張ろうと思った。そう思えたことはよかった。

○健康を維持する

(体重記録/食事記録/ストレッチ/ジョギング)

f:id:suzukishika:20180105183258p:plain 年初74.2kg→年末74.3kg。Max75.6kg(3/28)・Min71.3kg(6/28)。走ったのは計3日・18.06km。つまりほとんど走れなかった。にもかかわらず体重がトータルで現状維持だったのは、まあ偶然というかラッキーというか。走れていないのは自分を取り巻く様々な事情から仕方ない部分もあるので、いつでも再開できるよう準備だけはしておこう。日々のストレッチと、モチベーションの維持。睡眠の確保。腰痛対策が大切だ。あと、今年は胃が不調になることが何度か。食あたりなのか過労なのか加齢なのかいまいち判然としないが、気をつけていこう。身体は確実に古びていっているわけで、長生きしたいし腹筋割りたいので、そのへん考えながらやっていきたい。

○以上の項目に関して、月次ふりかえりを行う

以上。


仕事が忙しくなったり家のことがバタバタしてきたときに、ほかのことに手が着かなくなってしまうのは相変わらず反省点ではあるのだけれど、このブログの振り返り然り、日々の自問自答の繰り返し然り、今までよりはうまいこと冷静に、頭をすっきりさせながらあれこれ進めることができたのではと思う。

そろそろ、ほんとうに大切なものにグッとフォーカスした命の燃やし方をしていこうと思った。そうでないものについては、ほどほどに。いよいよ自分の冷めた性格が生きてくるのではないでしょうか。他人事のように言うけど。

達成と気づきと喜びのあるいい年だった。

2017年を振り返る_12

年初の抱負を月次ふりかえる自分メモ。まずは12月分。

2008/2009/2010/2011/2012/2013/2014/2015/2016
2017年初の抱負/01/02/03/04/05/06/07/08/09/10/11

○出力を続ける

(仕事/突き抜け派/書き出し小説/文芸ヌー/公募/その他の思考)

仕事ばっかりの12月だった。自分の原稿はほぼ書けず。

○入力を続ける

(読書/舞台鑑賞/映画鑑賞/英語学習/人と会う/その他の情報収集)

忙しいときほど仕事帰りくらいは本を読む。culipsを聴く。なんとかできてる。

融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

融けるデザイン ―ハード×ソフト×ネット時代の新たな設計論

○健康を維持する

(体重記録/食事記録/ストレッチ/ジョギング) f:id:suzukishika:20180105183258p:plain 11月末74.7kg→12月末74.3kg。というか、毎朝の体重計測を怠りがち。子供と一緒に起きるとどうしてもあかん。ジョギングはなし。ストレッチぼちぼち。

○以上の項目に関して、月次ふりかえりを行う

以上。