エコへの道は厳しくなりつつあると思う。


1/13日経。この広告は正直、どのへんがエコかさっぱりわからない。ブックカバーなんか、かけなきゃそれでいいんだよ!なんでこれがエコになるんだ!なんでこれで15段なんだ!白痴か!ちょっといい感じのことをいい感じの画面にあしらって、ごまかそうとするんじゃねえ!読み手を馬鹿にするんじゃねえ!最低限しか語らずにウェブサイト( http://otehon.jp/ )に飛ばそうっちゅうやり口なんだけど、だからってそりゃちがうんじゃないのかなあ。あー腹立つ。もやもや。
そろそろ、なんでも(特に広告において)エコを引き合いに出すのは限界に近づいていると思うのは俺だけか?まだ大丈夫か?エコは大いに結構、でも、本当のエコ以外は逆効果になっていくだろう(し、ならなければならない)。環境利権とかに踊らされずにさあ。本当のこと意外は淘汰されなくちゃ。自分も含めみんなで淘汰しなくちゃいけないんだよなあ。