day

はてなブログに移行してみた

2005年から使い続けてきた「はてなダイアリー」を「はてなブログ」に移行してみた。 ブログといってもこのところ月々の目標振り返りと、ちょっとしたお知らせ、年に一度のマフラーしまい髪コラムぐらいしか書いていなかったので、いまさら移行とかしなくても…

いま春が来て君はしまわなくなった

3月最終週。東京に暮らす友人のツイッターには「花見」というワードも散見されるようになりました。札幌も先週いきなり雪が積もって慌てましたが、週末からはすっかり寒さもゆるんで参りまして、こりゃ春だ、うん、まもなく春が来るのだという事実を認めざる…

マフラーしまい髪+ing

季節の変わり目みなさんいかがお過ごしでしょうか。風邪など引かれませんようご注意ご自愛くださいませ。札幌は10月に入って、ストーブつけちゃうの?つけちゃわないの?つけちゃうの?って感じの逡巡が各家庭にあったようですが、我が家はあっさりつけちゃ…

マフラーしまい髪、幼年期の終わり。

2月も半ばを過ぎ、全国ニュースではスギ花粉症のシーズンが到来したやら、なんなら南の桜やら、冬ももうすぐ終わりかねーなんていう雰囲気がちらほら。「えっ?このまま冬が終わっていいの…?」とご不安の皆様、大丈夫。札幌の冬はここからが長い。「さっぽ…

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 IN EZO

今朝帰ってきたばっかりだけど、記憶がわりとあるうちにメモっておく。 【RSR2014 1st day】 自宅を正午発/12時半には駐車、会場へ/2年ぶりに近所のおまつりにやってきたよ!/PROVOで恒例のとうきびを食らう妻/オフィシャルグッズに並びながら予約しなか…

不調と訃報と通常営業

昨冬より始めた週末ランニング、ちゅうかジョギングを継続しており、雪がとけて春になってから調子こいて距離をのばし始めたら(といっても最長で10kmなのだが)膝を痛めてしまって、調べてみたら「ランナーズニー」と呼ばれるかなりベタな症状だった。 走れ…

なんにもしたくなくなる暑さ

day

かの有名な交渉人・別府勇午は「耐えられない暑さが到来したときは暑さで己を殺します。それが暑さのない世界です」と言ったけれども、そんな簡単に己を殺すことなんかできませんよあたりまえでしょ、てなもんで、今日の札幌は暑すぎて、クーラーのない俺ん…

世界のどこにいても寂しくないわ

day

日記を書かないと、毎日のことがいろいろとこぼれ落ちて行ってしまうようでいやで、でも、そのプレッシャーが重荷になってますます書けぬという悪循環。やりがち。書けるときだけ書いときゃいい。書かないよりはいい。 5/4、大学の講座(私の卒業時はまだ「…

酸素を吸って頭痛が治ったというメモ

きのう、飲み会明けだけど宿酔もせず爽やかに起床し、気分いいなーと思ってたら午後から頭痛に見舞われた。 頭痛持ちで、大学時代から頭痛薬は持ち歩きも職場置きも欠かせない人なのだけれど、頭痛にも私の場合は二種類くらいある。ひとつは頭の後ろのほうが…

We adore chaos

day

きのうのビフォーアフターにて、特番を3回も引っ張ったパリの狭小アパルトマン篇がようやく完結。無事見られてよかった。 その途中、フランスの家具工房にて匠のアイディア家具をつくりまくるわけなんだけれど、そこで注文した木材が全然来ないという事態が…

ゼロイチニーゴー

day

起きて、着替えてショッピングセンターに行って、サブウェイのサンドイッチ食べて買い物して、帰ったらもう夕方。雑誌をすこし片付けて、本屋に出かけて本を買って、百円ショップに行って文房具を整理するためのものを買って、スーパーに行って鶏挽肉を買っ…

写真があったほうがいいときに

day

文房具をはじめとする道具に関することを書きたいのだけれど、写真がどうも苦手というかおっくうで。 カメラとか写真の基本的な知識、もっといえば「光」に対する知識や感性がまったく貧困であるというのもあるが、そこまでのことではなくて、ブログに上げる…

日帰り出張

day

今年初の飛行機は、東京日帰り出張。昼の便で羽田へ飛び、夕方に都内で取材を1件、そして夜の便で千歳へ。なんだか昨年から東京の日帰り出張が多い。今回はどこに寄るでもなく、ただただ純粋に仕事のみ。 日帰り全然問題ない。札幌東京、全然日帰れる。れる…

家族と仕事

day

年末年始は家族といっしょにいる時間が長くて、それも「あっちの家族と」「こっちの家族と」といったようにその都度フォーメーションの変更があった。どれも家族なんだから別に緊張することもなくて、それはとってもありがたいことなんだけれども、だからと…

文字を打つおしごと

day

考えているようなふりをして、そのじつどれだけの時間を集中できているのだろうかと我に返る瞬間がある。散漫であることが必要なときもあるけれど、そうでないギュッと詰まった時間を、がっぷり四つに組んだような時間を、増やしていく余地はまだありそうな…

とりとめないけどとりあえず

day

ブログを日記としてもっとライトに書き留めてはどうかということを以前考え三日坊主化して暫く経つけれど、スズキテキストを始めてからはますますここのブログのことはもうただの記録というか、それは出来事だったり考えたことだったり、切りっぱなし状態の…

年末だから ああ

day

書き残してることがいっぱいあるけれど、大晦日に実家に帰ってきてたらふく食えばなんにもやれないしやらないのが正しい。ゆくとしくるとしで父の生まれ故郷が映った。ことし出会った方々、ありがとうございました。よいおとしを!

夢とか希望とかマフラーとか

今年は仕事がら農家のかたに取材させていただく機会が何度かありまして、その都度必ず出てくる話題は異常気象です。やれ記録的な大雨だとかなんだとか、ご苦労されているようです。でもですね、彼らはタフ。そのくらいでへこたれはしないんです。そんな農家…

筆さびしい

口さびしい、というのと同じように、何がってわけじゃないんだけど何か物足りない、何か書きたい、という気持ちに駆られることがある。仕事でいやというほど書いている、というか文字を打ってはいるんだけど、やっぱり違うみたいだ。 十月から先週末にかけて…

土日記

day

土曜日。いつも通りの時刻に出勤。打ち合わせ後作業。朝は雨だったのに天気がよく、これはもう帰る。という気になり仕事を持ち帰りにして退社。夕方の地下鉄は子どもとシニアが多い。部屋に帰るもあまりの暑さに汗だく。風も通らぬ。仕事。天ぷらをたらふく…

なんでもないようなことが幸せだったと重湯

day

病に伏してしばらく何も食べられなかったような状態が続き、その後に、ようやく重湯を食べることができたとき、ああ、健康なときには気づかなかった、当たり前に食べられるということの幸福に感じ入る。ということを表現するフレーズとしていいかなと思った…

うろうろの快楽

台湾旅行のことを早く書き記さなければと思っているのだが、なかなか腰が落ち着かない。腰それ自体は終日オフィスの椅子に落ち着きっぱなしなのであるが、いかんせんハラがきまらない。これは、今はまだ、書き記したくはない、と心の底では思っているのかも…

あいまをぬって

day

毎日ずいぶん眠かった週の、週末にかけての日記。 金曜日。夜、各所に土日の確認。いくつかの書類をまとめて、ふだんは会社に置いている仕事用ノートといっしょに持ち帰る。終電より少し前、給料日の金曜日の地下鉄は意外と空いていて、わりとすぐに座れて、…

自宅から石狩と逆方向に

day

きのうまでの旅行の記録は追って改めてするとして、きょうの日記。異常に蒸し暑い夜をこえて、朝起きて、それなりに疲労のたまった体に鞭打ち、若干の片付けをして、昼出社。「リハビリ」という考え方を許容しないスケジュール感も、それはそれでいいのかも…

暖機運転としての日記

day

きょうはいつもの出社時刻に出社して、ほんですぐに会社を出て取材、というなんとなく珍しい一日。いつもなら取材となれば朝はいつもより早い(いつもの朝が普通の勤め人よりすこしだけ遅いから)のだけれど、きょうはいつもどおり。なので、いつもどおりじ…

6月に東京へ行ったこと

day

6/30sun午前の便で羽田に降り立ち、翌7/1mon早朝の便で羽田発、7時台に新千歳に着いてそのまま通常出社の巻。結果的にこの行程しかなかったという事情はあるが、まあ、うん、いちどはやってみたかったんだ。 東京に行ったら舞台のひとつはほんとは観たいのだ…

5月に福岡へ行ったこと

day

そろそろ次の旅行へ行く予定なのでその前に書いておかなくちゃ。すっかり停滞しているブログのリハビリ。ただの記録です。 5/4satの昼頃に福岡空港に降り立ち、翌5/5sunの昼頃の便で福岡空港発。滞在時間24時間弱の弾丸福岡。23歳のときの出張以来、8年ぶり…

人間らしさって、なにかね。

day

先月のはじめにこんなエントリを書いたっきり、書いたっきり気づけば6月も半ば、もうすぐ夏至な今日この頃。休日もないわけではないのだけれど、仕事みっちみちだと、なんつうかもう、時間が空けばそれは休養に優先的にあてざるをえない。いくないね。深夜作…

yarunarayaraneba

年度末の気ぜわしさに続き年度始の身ぜわしさ、休みがまったくゼロなわけではないが、平日の忙殺を週末も引きずる感じですっかり落ち着かないまま雪がとけ、と思ったらアパートの裏にはまだ残ってたり、まだまだストーブの世話になっていたりするうちに4月が…

耳鼻科メモ

day

年明けに行くつもりが延びに延びて花粉症の季節となってしまった耳鼻科へ。キプレス錠10mgとナゾネックス点鼻液を処方される。連休明けまで分。ふだんの鼻づまりの薬と同じ。この辺のところ、いまいち腑に落ちきっていず、なんだか先生とも話が噛み合わない…

眼科メモ

day

約1ヵ月半ぶりの眼科。眼と下瞼の間にピロピロとした紙をはさんでドライアイの検査。まばたきしばたき。5分待って涙が何ミリ染みてるかを見るプリミティブな方式。前回は改善していたのに今回はまた大きく悪化。なんでやねん最近は職場もエアコンついてない…

春を踏みつける

day

4月に変わった途端に春靴だの春服だのを頻繁に見かけるようになって、たしかに月曜かつ新年度でキリもよかったし、ここ最近は天気も悪くなくて車道だけでなく歩道の厚い雪というか氷も融けはじめてアスファルトが乾いているところすらあるほどだから、わから…

年度末きぜわしか

day

ブログは日記として、よしなしごとをよしなしごとのままに綴ろうという試み、が滞りがちだった3月。振り返ってみると、いろいろとやることはやっていて、机に向かう時間と心持ちが不足していた模様。つまりは、環境づくりの工夫でどうにかなるんじゃないかな…

衝動的渡航に備えて

昨年のゴールデンウィーク、予想外の連休が手に入ったためと、北海道の天気が崩れる予報だったのとで、ついカッとなって二泊三日の関西旅行をした。 事前に連休を確保することが簡単ではない環境に身を置いているのだけれど、結果的に連休となることがないこ…

酒と言い訳

day

酒のことはたしかに愛しているけれど、どちらかといえば「無責任な時間」のほうを愛している。酒は道具立てのひとつ。

n年後

最近は未来のことをぼんやりと考えることが多くて、多いわりにぼんやりしていて特に何も進んでいない。それはそれでいいのだけれどほんとにいいのかよという不安もときどきあり、不安はよくないので「こんな暮らしをしてみたい」という描写を書き綴ってみる…

マフラーにインするもの、それは

3月に入り、卒業式のシーズンとなりました。今春卒業を迎えられる皆様、おめでとうございます。いま「今春」と申し上げたように一般的な卒業のイメージといえば、やはりそれは早春の風情で、タイミングによっては桜もセット、てなもんですが、札幌圏の卒業式…

TJ

day

職場の自販機にトマトジュースが入ったので、夕方以降にお腹が減ったら最近そればっかり飲んでいる。たぶんこの1ヵ月、今まで生きてきた中でいちばんTJです。どろり。塩気。そんなにお腹がふくれるわけではないのでそのへんは気休め程度でしかないのだけれど…

腰だけはやらないようにせねば

day

雪あきた。 ここ最近は寒さが厳しいために雪が軽くて助かる。除雪車が置いていくかったいやつはやっぱり重いので、膝を曲げながらすくいあげて投げる。今のところ腰は大丈夫。はやく雪がとけてほしい。もっとあちこちを歩きたい。雪をこがずに。 一昨年と食…

日記を書くには黙ることかもしれない

持ち帰り仕事もなくフル休日だった日曜日。ためしにTwitterに一切ツイートせずに(タイムラインはときどき見てたけど)過ごしていたら、取るに足らない日々の出来事とかなにを食ったなにを飲んだうまかったとか雑感だとか駄洒落だとか、ふだんならツイートし…

ぽっかり

day

めずらしく寄り道して帰る日があったり、なかったりする今週。 職場の自動販売機が入れ替わるということになって、元々あったほうが撤去された。ぽっかりと空いたそのスペースは、思いの外おおきくて、その前を通るたびに「おっ。」となるし、新鮮な気持ちに…

ほんのまくらフェア全国版@紀伊國屋書店札幌本店

空中キャンプの中の人・伊藤聡さん(id:zoot32)も絶賛だった、書き出しオンリー本の闇鍋販売「ほんのまくら」の全国版。友人がいっちょかんでるということもあり行ってきた。札幌本店。 表紙には書き出しだけ。タイトルも著者も中身も見えない。そのコンセ…

夢文具

文房具の夢を見た。 文字が美しく書けるようになるセミナーに出席している私。 文字の話は二の次で、スタッフらしき人間によって、軸が竹でできている画期的な筆ペンや、特注サイズ(横長)の原稿用紙の購入を勧められる。 教室の最前列に座る私は、その勧誘…

筋違録

day

月曜から金曜に鳴るように設定しているアラームを消し忘れていて、いつもの時間に起こされてしまったときには痛みはなかった。月曜の祝日、二度寝から目覚めて少し頭をずらした瞬間に、あっ、と気づいた。首。これ、あかんやつや。本当にそういったフレーズ…

満足録

day

昼間のうちに風呂トイレ洗面所掃除ならびにストレッチを完了させたのち三越の物産展であれやこれや買い求め三越のパン屋でミニクロワッサンなどを買い求めむさぼり、美術を観、のち、麻生の炭火乃で御馳走。 ゆっくりよく噛んで食べることによって満腹で苦し…

Alpen Salz and Kadoya on Natto

day

納豆をごま油と塩で食べるとうまい。今までもごま油はときどき入れてたけど塩じゃなくて醤油かけてて、それでもうまいんだけど醤油の味が強くていまいち変わった感に乏しかった。ほらあれじゃんレバ刺し食べるときのごま油+塩ってある意味最強じゃんそうだ…

コツコツサバイバル

少し多く、ずっと続けろ。 ムッシュ吉田の高校時代の野球部の監督、後栄治さんの言葉らしい。だいぶ前に手帳にメモって、ときどき思い出す、大切にしている言葉です。 どんな分野であれ、ちょっと得意とか、ちょっと気が利いているとか、そのへんまではいけ…

朝からクライマックス

day

いつもより3時間ほど早く目が覚めてしまい、およそ全睡眠時間における折り返し地点だったので再寝入りを試みたものの奏功せず、ま、金曜日だし、眠くてもがんばりきれるだろうと踏んで床を抜け出した。で、地下鉄でちびちびと読み進めていた車谷長吉の残り、…

眠れなさそうな日の手すさび

day

頭がぶんぶん回っていて、わりとへとへとなのだけれど目が冴えてしまって、きっとこのままでは眠れない。夜おそめまで仕事をしていると、ときどきそういう日があって、体を横たえているだけでもいくぶんかは休まるのだといういつかの市村正親さんの教えを思…

ハッピー・ニュー

day

土曜日、尊敬する先輩夫妻に訪れたよろこばしい出来事をソーシャル的な経路で知り、たいへんうれしいきもちになった。許されるなら「いいね!」と一万回連打し続けたいきもちになった。おふたりは、それぞれに、誇張するでもなく自重するでもなく、ナチュラ…